BLOGブログ

2018.10.23
ご報告

 来季から、再び巨人のユニホームを着させていただくことになりました。

現役を引退してから2年。
新しい世界に飛び込み、私なりに違う視点で野球を学び、引き出しは増えました。

社会や文化を学び、人と触れ合い、自分の言葉で表現することの大切さも実感しています。

それまでは感覚で野球をやってきた人間でしたから、思ったことを言葉にするという作業は、難しいことでした。講演イベントや野球教室を通じ、人の心にストレートに物事を伝える技術は、身についたのではないかと思っています。
出会えた皆様に感謝しています。

得た経験をどのような「カタチ」で表現し、生かして行くのか。
「カタチ」は変化していくものです。
取り組み方次第で、無形なものにもなってしまいます。 「カタチ」とは何か。
それは、巨人を強くすること。

そのために自分は選ばれたと思っています。
選ばれたことの責任を感じています。

20年間、現役生活を続けてきたことは、私の強みだと思っています。
プロとは継続できる力を持っている人。
試合に出続けること、結果を出し続けること、練習をし続けること。
そこに向かうための取り組む姿勢は、必ずプレーに表れます。
後輩達にはユニホームを着て戦うプロの重み、技術面、精神面でプラスになるものを伝えていきたいと思います。

役割は一軍外野守備走塁コーチです。
現役時代に一緒にプレーをした選手たちも多くいます。
枠にとらわれず、選手たちと距離を置かずに活発に動いていきたい。 良い成果が出るように尽力したい。

現役の時から私に光を当ててくださった原監督。違ったカタチで役に立てることを光栄に思いますし、由伸前監督が育てた若い選手の力をもっと伸ばせるように、戦う集団を作って行きたいと思います。

ファンの皆様。勝ちに飢えていると思います。
たくさんの応援コメント、ありがとうございます。
選手以上の覚悟を持って、逃げずに立ち向かって行きます。

私も、この時期を待っていた一人です。
チーム、そしてファンの皆様と一緒に「カタチ」を作って行きましょう。

鈴木尚広

pagetop